コーンと卵の中華スープ

機能性表示食品 カラダを気づかう出汁は、シニア世代の活気・活力をサポートする『カラダを気づかう出汁』で初夏を元気に。
脂肪の吸収を抑制し、食後の血中中性脂肪の上昇を抑える「ペプチド」ですが、機能性表示食品「カラダを気づかう出汁」にはさらに嬉しい働きがあります。それは昨今注目の機能性関与成分「GABA」です。アミノ酸の一種で正式名称はy-アミノ酪酸といい、活気・活力感の維持・改善、神経の高ぶりを抑える働きがありますから、疲れやすく元気を取り戻したい方、血圧が高めで血圧を下げたい方に特におすすめです。塩分 については、微量の原料由来のみですから塩分を気にされる方も安心してお使いいただけます。今月は、夏野菜を ふんだんに使ったスープとご飯の組み合わせ、手軽な“クイックスープセット”のご紹介です。温冷お好みでどうぞ。
*飲みやすくするためにスープにはとろみをつけています。
材料(2人分)
  • 2個
  • レタス 適宜
A
  • 茹でとうもろこしの実 1/3本分
  • 300ml
  • カラダを気づかう出汁 1本(5g)
  • 小さじ2
  • 片栗粉 大さじ1
  • 塩こしょう 適宜
  • ごま油 小さじ1
作り方
  1. 鍋にAを入れ中火で温める。沸騰したら片栗粉と水大さじ2を混ぜ水溶き片栗粉を作り入れる。溶き卵を回し入れ蓋をし火を止め、5~10秒後全体をかき混ぜる。
  2. 食べやすい大きさにちぎったレタスとごま油を入れ、塩こしょうで味を整える。
このレシピで使用している商品
  • カラダを気づかう出汁